FC2ブログ
『体臭撃退専門クリニック』口臭、ワキガ、加齢臭、足の臭い、外陰部の臭いの対策を各専門医が完璧伝授!これ一冊で気になる臭いを完全撃退!(全額返金保証付き)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加齢臭の元となるノネナールが中年男性に発生する理由

加齢臭対策として、加齢臭の元となるノネナールがどうして中年男性になると出てくるのかということを次に考えてみたいと思います。ノネナールは脂肪や脂肪酸が酸化するために出てくるといわれています。中年になると、実はこの酸化を抑える働きが弱まってくるといわれているのです。
30歳代ぐらいまでであれば、脂肪や脂肪酸の酸化を抑制する働きは問題なくあるようです。そのため脂肪や脂肪酸が酸化するのを食い止められていたのだと考えられます。しかし40歳代の中年になると、酸化を抑える力が弱まってきてしまい、脂肪酸が酸化されノネナールが出てきてしまうようです。
中年男性になると加齢臭の原因となるノネナールが発生する理由としては、他にもいくつかあるようです。例えば40歳代になると男性ホルモンの働きが活発になるために、皮脂腺が発達してしまい、皮脂の分泌が盛んになるのが理由としているところもあります。とにかく、中高年になるとあらゆる理由からノネナールを発生させてしまうようです。
加齢臭対策としては、できる限りこのノネナールの発生を少なくすることと、ノネナールが出てきても周囲に臭わないようにすることが大切なことではないでしょうか。自分の加齢臭は、自分では気づきにくいものです。周囲の人間が最近自分と距離をとっているように感じたら要注意かもしれません。
スポンサーサイト

«加齢臭はなぜ中年男性から発せられるのか | トップへ戻る |  加齢臭対策-酸化しにくい身体»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。